【個人事業主必見!】融資が受けられない方でも資金調達できる方法!

個人事業主としてこれから起業しようとしている方やもう事業をスタートしている方にお届けしたい!個人が限られた条件で資金調達するための方法をまとめました。

更新日 2020年06月16日

本日 1pv

合計 800pv



  出典 shikin.biz

個人事業主が受けられる融資制度・資金調達方法は次の11個です。

日本政策金融公庫
銀行融資
信用金庫
信用保証協会の保証付融資
補助金や助成金
ビジネスローン
個人向けカードローン
ファクタリング
クラウドファンディング
投資家からの借入
家族や友人から借りる

  出典 個人事業主の融資と資金調達方法11選!生活費の借入や即日融資はできる? | 資金調達の窓口 by 株式会社KIK

個人は会社と違い、株式や社債の発行による資金調達ができない。個人が限られた条件で資金調達するには、1つでも多くの方法を知っておく必要がある。

  出典 個人事業主が資金調達できる方法まとめ!おすすめの資金調達方法を一挙公開!

開業した直後や事業を広げようとするとき、経営が苦しくなったときなど、個人事業主が融資を必要とするケースは多くあります。そこで気になるのが、個人事業主でも融資を受けられるのかということでしょう。実は、個人事業主でも融資は受けられます。

  出典 個人事業主でも融資は受けられる? 融資と税金の関係とは – マネーイズム

個人事業主としてこれから起業する方もすでに事業をスタートしている方でも、事業を円滑に進めるには資金調達が非常に重要になってきます。

  出典 個人事業主の方、必見!日本政策金融公庫から融資を受ける際の必要書類まとめ | inQup

  出典 job.career-tasu.jp

【メリット】
・低金利(2%前後)
・融資以外にも事業の相談ができる

【デメリット】
・審査が厳しい
・融資までに時間がかかる

・銀行などに比べて比較的借りやすい

・返済期間が5年以上

・無担保かつ保証人不要(新創業融資、中小企業経営力強化資金を利用の場合)

・日本政策金融公庫から融資を受けられたことで、他の金融機関などからの融資が受けやすくなる

  出典 個人事業主の方、必見!日本政策金融公庫から融資を受ける際の必要書類まとめ | inQup
日本政策金融公庫
https://www.jfc.go.jp/
日本政策金融公庫(略称:「日本公庫」)の公式ホームページ。民間金融機関の取組みを補完し、事業に取組む方々等を支援する政策金融機関です。

  出典 images.unsplash.com

【メリット】
・比較的低金利(3%くらいのケースあり)
・必要書類が少ない

【デメリット】
・時間がかかる
・中小企業や個人事業主は融資が受けづらい

銀行融資の仕組み|資金調達プロ
https://shikin-pro.com/guide/1106
皆さんもご存じの通り、銀行という金融機関は預金者からお金を預かり、その預金を別の人に貸し出すことによって利益を得ています。貸し出す時の金利と預金に対する金利の差額がそのまま銀行の懐に入るわけです。 銀行融資のメリットとして、ノンバンクと比べると金利が安いことが挙げられます。ノンバンクは銀行から借りたお金をさらに高い金利で貸し出しているため、どうしても金利は高くなりがちですが、銀行は直

  出典 images.unsplash.com

【メリット】
・比較的低金利(2.0~4.0%くらい)
・地域特化で審査が緩い

【デメリット】
・地域が限られる
・融資額に上限がある(1,000万円以上の融資は難しい)

個人事業主資金調達方法10選とメリット・デメリット【完全版】
https://bestfactor.jp/comp-funding/small-business-financing-10/#i-7
個人事業主や自営業者の方が利用しやすい資金調達方法とそのメリット・デメリットについて解説します。個人事業主、自営業者の方は事業が順調で信用情報がクリーンであっても、社会的信用が得にくく、法人に比べてど

  出典 www.zenshinhoren.or.jp

【メリット】
・低金利
・審査のハードルが低い

【デメリット】
・信用保証料が発生する
・調達まで時間がかかる

一般社団法人 全国信用保証協会連合会
https://www.zenshinhoren.or.jp/
保証協会は「信用保証協会法」に基づく公的機関として、中小企業・小規模事業者、経営の発展を力強くサポートします。

  出典 images.unsplash.com

【メリット】
・返済が必要ない
・多様な制度がある

【デメリット】
・提出書類が多い
・審査が厳しい
・支給まで時間がかかる


  出典 images.unsplash.com

【メリット】
・無担保・無保証で借入できる
・審査スピードが早い

【デメリット】
・借入上限金額が決まっている(500万円くらい)
・金利がやや高い(5~18%くらい)


 コメント

1.名前:名無しさん 投稿日:2020/06/17(水) 21:49:36
なるほど。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連まとめ



話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)資金情報まとめ All Rights Reserved.