あなたの会社はファクタリングが利用できる?ファクタリングを利用できる業種とできない業種まとめ

資金調達の新たな方法として注目されているファクタリングですが、利用したいけどうちの業種は大丈夫かな?と心配になりますよね。とても便利な方法ですが、利用できる業種とできない業種があるんです。ファクタリングを申し込み前に一度自分の業種が利用できるのかこちらにまとめてみたので、参考にして下さい。

更新日 2020年05月30日

本日 0pv

合計 311pv



  出典 www.fukuoka-factoring.jp

建設業、ゼネコンやIT企業など、大手企業と大口案件を契約している会社は、納期までの期間が長いため、その間の資金繰りに悩まれることが多くあります。
納期までの間に発生する人件費や経費などを精算する運転資金の調達には、ファクタリングの利用が向いています。
運転資金を必要とする場合、金融機関などの融資では調達が間に合わない場合もあります。
売掛先が大手企業だと貸し倒れるリスクが低いため、比較的好条件でファクタリング契約ができることから、ファクタリングの利用に向いていると言えるでしょう。

  出典 ファクタリングによる資金調達に向いている業種とは? | 資金調達コラム

病院や介護事業者など、医療報酬や介護報酬をもとに「診療報酬ファクタリング」を利用できる会社は、ファクタリングを低手数料で利用することができます。
なぜならその売掛先が、社会保険診療報酬支払基金や国民健康保険団体連合会など、貸し倒れるリスクのない団体だからです。
ファクタリング会社としても、確実に売掛債権を回収できる見込みがあるため、低手数料に設定されることが多いです。
売掛先の承諾を得てからの契約になりますが、低手数料で融資よりも早く資金調達できるため、診療報酬ファクタリングを利用できる会社はファクタリングに向いていると言えるでしょう。

  出典 ファクタリングによる資金調達に向いている業種とは? | 資金調達コラム

ファクタリングはすべての会社にとって役立ってくれるものです。
その中でも、特にファクタリングによって恩恵を受けやすい業種があります。
大まかに言えば、売掛先の信用力が非常に高い場合や、売上げを上げてからそれを回収するまでの期間が長い業種であればあるほど、メリットは大きくなります。
ファクタリングの手数料は、ファクタリング会社が抱える回収リスクに応じたものとなります。
そのため、売掛先の信用力が非常に高く回収リスクが低ければ、手数料も低くなるため、ファクタリングのメリットが大きくなるのです。

  出典 ファクタリングの5つのメリットを徹底解説!向いている業種は? | 資金調達レンジャー

売上代金回収期間は業種によって異なるものです。
回収期間が長いということは、事業に活用できる資金が入ってくるまでの期間が長くなるということです。
それだけ資金繰りは厳しくなりやすいということです。
そのような企業は、ファクタリングを利用して資金繰りを改善すると、経営がずいぶんと楽になることでしょう。

  出典 ファクタリングの5つのメリットを徹底解説!向いている業種は? | 資金調達レンジャー

  出典 top-management.co.jp

建設業
建設業はファクタリングとの相性が良いと言われています。業界の傾向として案件の規模が大きく、また天候などに左右されるため、作業の進行に遅れが発生することが多く、その案件に関わる企業の資金繰りが悪化するケースが多いからです。

  出典 ファクタリングが多く利用される業種とは? | JTCの事業資金、資金繰り対策情報サイト

医療・介護事業などは向いていると言えます。
売掛先が国民健康保険団体連合会なので給付金の受け取りは請求してから二ヶ月程度かかってしまいます。
その期間を短縮する為ファクタリングを利用して新たな人材獲得や物品購入に充てる事も出来ます。
ファクタリング会社としても売掛先が国民健康保険団体連合会ですので回収できないリスクが極端に低いと言えます。
よって手数料なども低く設定される事が多いです。

  出典 ファクタリングに向いている業種とは!?│【公式】ジャパンファクター

製造業は会社ごとの状況がかなり異なるため一概にいえるわけではありませんが、ファクタリングを選択肢の1つとして知っておいた方がよい業種ではあります。
手形支払いや小切手での支払いなどが多く支払いサイトが長めであるためです。
他にも急な大型発注に伴う原料仕入れコストの発生や、人員増加時のコスト増に伴う資金繰りの悪化を解消する手段として、ファクタリングが最適な場面も多々あります。

  出典 ファクタリングが有効で好評な業種とは? -

トラックが主となる運送業は、燃料費や人件費、車両の整備に加え、燃料の高騰や車両トラブル、事故など急な資金確保が必要なことがあります。
繁忙期には受注が増え売り上げは見込めます。また最近では、インターネット通販の普及により売り上げは上昇傾向にあります。しかし仕事が増えれば、そのための車両、人材確保が必要となり、燃料費の負担も大きくなります。
そうなると、大きな受注はあるのに資金繰りが悪化し、黒字倒産にもなりかねません。
資金ショートの危機から逃れるために、ファクタリングは有効な手段です。

  出典 ファクタリングに向いている業種は?【ファクタリング】|ファクタリング総研 - 中小企業のための融資・資金繰り情報

アパレル業界
アパレル業界は、仕入れから販売までに時間がかかる業界であり、在庫を抱える必要があります。
そのため、実際には経営状況は悪くない場合でも、資金繰りが厳しくなることがあります。
また、アパレル業界では季節性の商品を取り扱うほか、流行に応じた商品を販売していきます。
そのため、一時的に大量の商品を入荷することもあります

  出典 ファクタリングの5つのメリットを徹底解説!向いている業種は? | 資金調達レンジャー

人材派遣業
1986年に施工された派遣法により、急速な市場拡大を遂げた人材派遣業。
以来、規制緩和も度々行われ、派遣を利用する企業も派遣スタッフも急増していますが、一方で派遣業は景気の影響を受けやすいという側面も持ち合わせています。
企業側が希望する即戦力の人材を、必要に応じて確保できることが派遣の最大のメリットであるため、求人倍率が好況時には派遣を希望する企業が増加し市場規模は拡大します。ただ、一転不況の波が押し寄せると、真っ先に経費削減の対象となるのは人件費となる点から、景気の影響を受けやすい業界といえます。それに伴い一旦、資金難に陥るようなことになれば、風評被害も大きく、即業績悪化につながりかねない業界であるとされています。

  出典 ファクタリングの利用率が高い6つの業種【ファクタリング】|ファクタリング総研 - 中小企業のための融資・資金繰り情報

ファクタリングが利用できる業種
建設業
医療・介護事業
製造業
運送業
アパレル業
人材派遣業
その他:貿易業、卸売業、IT企業、、土木業、インターネット通販など
売上金のある業種であれば利用できます。
中でも建設業、介護事業、運送業などで好評なようです。



ファクタリングを利用すべきではない会社は、以下4つの特徴に当てはまる企業です。
1. 売掛債権の利益が低い
2. 固定費を捻出しようとしている
3. 売掛先の信用状況に問題がある
4. 金融機関から融資を受けられる

  出典 ファクタリングによる資金調達に向いている業種とは? | 資金調達コラム

個人相手の債権ではファクタリングは利用できない
どのような売掛金でも売掛債権があればファクタリングの利用が可能というわけではなく、個人相手の売掛金は基本、ファクタリングの利用はできません。
その理由として、信頼性を確認しにくいことや、もし焦げ付いてしまった場合に深追いすることができないといったことが挙げられます。

  出典 資金調達にファクタリングが向いている業種とそうでない業種がある? | 資金調達Lab

ファクタリングに向いていない業種というのは、「売掛金がないもしくは少ない業種」です。
現金支払いが一般的な街の飲食店や小売業、個人タクシーなどはそもそも利用できません。
手数料が利益率を上回ってしまうおそれがあり、長期的には資金繰りを悪化させることがあるためです。
こうしたケースに該当するのならば、資金繰りを根本から見直し、コストカットをしたうえで再度検討する必要があるでしょう。

  出典 ファクタリングが有効で好評な業種とは? -

上記のように、個人事業主のような不安定な収入の事業者や、一部の飲食店、サービス業のような現金回収業はファクタリングが厳しいかもしれないですね。
しかし今は様々なファクタリング会社があるので相談してみると良いですね。


  出典 factoring.co.jp

法人になる
個人事業主の方にとっては、法人になることはハードルが高いことだと思ってしまいますよね。
しかし、法人になればその分社会的信用が大きくなりますし、融資を受けられる可能性も上げることが出来ます。
個人事業主として資金繰りに困っているのなら、将来的には法人になることを視野に入れていくべきです。
ちなみに、個人事業主が法人になるべき目安は、大体売掛金が500万円を超えてきたあたりからです。
個人事業主として経営を続けるよりも法人になった方が節税になることが多くなるので、500万円以上の売掛金がある場合には資金調達が今すぐ必要でなくても法人になることを検討していきましょう。

  出典 個人事業主がファクタリングするには | 資金調達コラム

ファクタリング以外の資金調達方法を検討する
これも最終的な選択肢になりますが、ファクタリング以外の方法で資金調達が出来ないかも考える必要があります。
ただ、銀行融資などの審査に通らなくてファクタリングを検討していた方にとっては、これ以上に資金調達をする方法がない、と考えてしまいますよね。
更に、消費者金融は経営資金を借りる目的では利用してはいけませんので、基本的には使えません。
そんな時は、ビジネスローンなどを使いましょう。
ビジネスローンであれば、使用用途は自由なので資金調達に使うことが出来ます。
ただし、ビジネスローンはお金を借りる手段になるので、利息が発生します。
ファクタリング契約のように、手数料を一度払えばそれで終わり、という訳ではありませんので、長期的に資金繰りを圧迫する可能性もあります。
そのデメリットも考えた上で検討していきましょう。

  出典 個人事業主がファクタリングするには | 資金調達コラム

  出典 mi-vision.co.jp

建設業の活用事例
年商 3000万円
調達日数 2日
従業員数 6名
調達額 150万円
資金使途 資材費用
大手からの大口案件が入り、仕事を受けたいけど資材費用に充てる資金が足りないと弊社にお客様からご相談いただきました。
お客様の話をヒアリングする中で、一か月後に入金予定の売掛債権があることがわかったので、ファクタリングのご利用で話が進みました。
初めてのご利用とのことでしたが、幸い必要資料をすぐにご用意いただけたので、契約をスムーズに進めることができ、ご相談から翌日に入金することができました。
その後も大口案件が入った際にご利用いただいております。

  出典 ファクタリングによる資金調達に向いている業種とは? | 資金調達 ...betrading.jp › ... › ファクタリングの基礎知識

郊外で、小規模多機能型の老人ホームを運営しております。
創業時は、少ない入居者でも将来を見越すと、一定のスタッフは確保が必要。
それにくわえて初めの介護報酬は 2ヶ月後の入金 なので、開設当時はかなり資金繰りに苦労しました。
こういった事態を予想して手元には十分なキャッシュを用意したつもりでしたが、思ったよりも入居者数の増加は緩やか。
ヘルパーさんたちの堅実な努力もあって確実に売上は伸びていたのですが、 長い支払いサイト である介護報酬が足を引っ張っていました。
そこで、経理と相談して3ヶ月を目安にファクタリング。
担当者の方が介護業界にも詳しく、同じようなケースの経営者の方のお話もたくさん聞かせてくれたので、非常に参考になりました。
経営もだいぶ安定したので、現在はファクタリング契約を解除していますが、またピンチの際には頼れる味方がいると思うと、それだけで心強いです。

  出典 介護業のファクタリング|介護報酬債権買取のメリットとデメリット | ファクタリング会社比較&ランキングDX

私の会社は小さな運送会社で取引先も非常に少ないものの、少数精鋭の従業員で質の高い物流サービスを提供することに定評のある会社でした。
徹底的にコストダウンを行い、他の会社よりも低価格で物流サービスを提供すること自慢です。
しかしながら、事業を始めた1999年には1リットル99円だった燃料費は、最高155円まで上昇。
この燃料費高騰の煽りを受けて物流サービスの値上げをしなければ会社が立ち行かない状態が続いていました
次月分の人件費が確保できなくなったのですが、支払えなければ人材が離れていってしまいますし、財政状況が良くないことが従業員に分かってしまいます。この差し迫った資金不足の状態に対処するためにファクタリングを活用することにしました。
審査も簡単でしたし、取引先の債権をファクタリング会社に譲渡したことによって人件費も確保できたので、新しい人材を雇う余裕も生まれて売上も徐々に増加していったのです。
ファクタリングは借入金ではないので、資金調達に加えて貸借対照表の見栄えが良くなり、追加で銀行融資も受けられたので、その資金を使って会社の改革を推し進めていくことができました。
最初から銀行や公的機関から融資を受けていた場合、自己資本比率が下がってしまうのでなかなか融資を受けられなくなってしまいますが、ファクタリングを活用すれば、同じ会社の資産である債権を現金としているだけ。
会社に現金がたくさんあるようになったおかげで、会社として戦略的にとれる行動の選択肢も増えました。

  出典 運送業がファクタリングを利用するメリットと活用例とは? | ファクタリング会社比較ナビ

私はシステムエンジニアの人材派遣会社を経営しており、約30名の従業員を雇用しています。
当社は、年商数千億規模の大企業との取引もあって売上は好調ですが、その一方で資金繰りに頭を悩ませてしまうことが度々あります。
この度依頼を受けた取引先とは業務委託契約書によって、対価の支払い期日を「検収完了後6カ月」として契約を結んでおり、代金が支払われるまでの半年以上の間、従業員の給料を先払いする必要があります。
また、代金の受け取りが半年後でも売上は計上されているので、その分の税金も納めなくてはいけません。
今まではどうにか乗り切っていたのですが、今回ばかりは納税のタイミングと重なりキャッシュフローが回らなくなってしまったので、ファクタリングを利用することにしました。
00万円の売掛金を売却することで、税金は期日内に納めることができ、当月25日支払いとなっていた従業員への給料も期日通りに支払うことができました。

  出典 人材派遣会社の資金繰りが改善できたケース | 【公式】資金調達ナビ

 コメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連まとめ



話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)資金情報まとめ All Rights Reserved.