運送業の方必見!運送業専門の資金調達方法とは?

昼夜問わず長距離を移動し続け、目的地に荷物を届けていく運送業の方々。
その労力に関わらず、諸経費は何気に高めかと思います。
今回は日々忙しなく働く運送業の方のための資金調達方法を説明していきます。

更新日 2020年07月08日

本日 0pv

合計 131pv



  出典 images.unsplash.com

このことは、国土交通省がまとめた「トラック運送業の現状等について」の有効求人倍率の推移を見ると明らかです。

有効求人倍率とは、求職者数に対する求人数の比率を意味します。



例えば、平成21年度の貨物自動車運転手(パートを含む)の有効求人倍率は、0.5倍を下回っていました。

しかし、平成26年度の有効求人倍率は1.5倍を超えています。

さらに、有効求人倍率は上昇を続け、平成28年10月には2.5倍を超え、平成30年8月には約2.8倍となりました。



その後、有効求人倍率は少し落ち着きましたが、平成30年4月においても2.68倍の高倍率を維持しています。

平成30年4月における全職種の有効求人倍率は1.35倍であり、それと比較してもトラックドライバーの有効求人倍率は高い水準です。

ドライバー不足は、昨今の人手不足のあおりも受けてより深刻になってきています。
トラックドライバーのなり手がいないという状況が、ずっと続いているようです。


  出典 images.unsplash.com

トラックドライバー不足の原因としては、少子高齢化の影響もあげられます。

平成27年の総務省の「労働力調査」によると、道路貨物運送業で働く人のうち4割以上が40~54歳です。

また、20代の割合は1割にも届いていません。



これに対して、全産業における40~54歳の割合は3割台であり、20代は1.5割を超えています。

物流業界では若い世代の働き手が少なく、将来さらなる人手不足に見舞われることが予想されるでしょう。

コロナの影響から、テレワークが主体になった企業がほとんどの中、長距離移動によって感染拡大の危険性をはらんでいる物流はまさに大打撃ですね。
外に出ている時間も比較的長いため、前向きに今の20代に選ばれることも少ない気がします。


  出典 images.unsplash.com


また、物流業界における人材不足は、ほかの業界よりも速いスピードで深刻化していきます。

トラックドライバー不足を解消するには、原因をしっかりと押さえた上で適切な対策を講じる必要があります。

物流の人材不足は仕事に対応するスピードも世代ごとに変わっていきますので、当然若い世代を積極的に採用し活躍してもらうことが不可欠になります。


  出典 images.unsplash.com

トラックドライバー不足を解消するには、賃金の改善が不可欠です。

トラックドライバーの年間所得額は、全産業平均よりも下回っています。

具体的には、大型トラック運転者は全産業平均よりも約1割、中小型トラック運転者は約2割も低い水準です。

働く人にとって賃金は重要な要素です。

トラックドライバーを確保するには、賃金を上げてほかの産業と同程度以上の水準にする必要があります。

全産業と比較して、その賃金が水準以下なのは、正直驚きました。
お金を稼げなければ、まず生活はできませんから、一刻も早く同程度の水準に引き上げていただきたいですね。


  出典 images.unsplash.com

トラックドライバー不足の問題に対抗するには、AIやIoTなどの活用も重要なカギとなります。

AIやIoTをうまく利用すれば、配送の最適化や自動化による生産性向上が目指せます。

そうなれば、少数のトラックドライバーでも効率的に仕事を回せるようになるでしょう。

そのため、人手不足を解消するにはトラックドライバーの採用を強化するとともに、AIやIoTを活用するための設備投資にも力を入れていく必要があります。

今年2020年に5Gも解禁になり、ますます企業のIT化が進められています。
運送業も、従業員の負担軽減になるようなIoTの導入を期待したいです。


  出典 images.unsplash.com

費用を調達するには、色々な方法がありますが、例えば費用の調達のために銀行を頼るとなると、融資の審査などに長い時間がかかります。

人材不足は一刻も早く対応したい問題であるため、資金調達はなるべくスピーディに行う必要があるでしょう。

その場合、ファクタリングを利用するとスムーズな資金調達が可能になります。

ファクタリングとは、企業の売掛金を業者が買い取る仕組みです。

ファクタリングなら、負債を増やさずに資金を調達できるというメリットもあります。



トラックドライバー不足の深刻化は、物流業界全体にとっての大きな課題です。

問題を解決するには、さまざまな対策が必要になります。

労働条件の見直しや設備投資などを取り入れて、トラックドライバー不足の解消を目指しましょう。

どうしても困ったときは資金調達方法もいろいろあるので、押さえておきましょう。
資金不足で立ち行かなくなることがないように、考えておくのが賢明です。


  出典 images.unsplash.com

いま問題になっているのは、

・トラックドライバーは平均的に不足している。
・不足の主な原因は、少子高齢化の影響。
・まずは賃金の改善が必要。
・IT・IoTを取り入れなければならない。
・ファクタリングも必要。

となります。
現代におけるトラックドライバーの必要性も、模索していかなければなりません。


 コメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連まとめ



話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)資金情報まとめ All Rights Reserved.